沿革

平成20年(2008年)8月

  • 日本で活動しているチャイルド・ライフ・スペシャリスト(CLS)及びホスピタル・プレイ・スペシャリスト(HPS)の有志が東京に集まる。

平成22年(2010年)3月

  • 子ども療養支援協会設立準備会が開催された。新たな職種(「子ども療養支援士」)養成、子ども療養支援士に求められる要件の確立、多職種との連携の必要性を確認した。

平成22年(2010年)4月〜平成22年(2010年)12月

  • 準備会で確認されたことを実行するため、CLS、HPS有志から成る子ども療養支援協会実行委員会が、子ども療養支援士養成コースの教育内容の検討、関連団体との会合などを行った。

平成22年(2010年)12月

  • CLS、HPS、多職種の方々など総勢60余名が参集し、東京において設立総会が行われ、子ども療養支援協会が設立された。

平成23年(2011年)2月

  • 子ども療養支援士養成コース研修生(第1期)選考試験を実施した。応募者50名の中から、4名を選抜した。

平成23年(2011年)4月

  • 第1期生の研修(講義200時間、実習700時間)を開始。実習施設は、順天堂大学医学部附属順天堂医院(東京)及び大阪府立母子保健総合医療センター(大阪)。

平成24年(2012年)2月

  • 第2期生選考試験を実施し、5名を選抜した。

平成24年(2012年)3月

  • 第1期生研修修了。2名を子ども療養支援士に認定。

平成24年(2012年)4月

  • 第2期生の研修を開始。実習施設は、北海道大学病院(札幌)、順天堂大学医学部附属順天堂医院、横須賀市立うわまち病院(横須賀)及び大阪府立母子保健総合医療センター。

平成24年(2012年)11月

  • 第1回子ども療養支援協会シンポジウムを大阪(大阪市立総合医療センター)にて開催した。テーマ:子ども療養支援士を考えるシンポジウムー今、なぜ、子ども療養支援士か?ー

平成25年(2013年)1月

  • 第3期生選考試験を実施し、6名を選抜した。

平成25年(2013年)3月

  • 第2期生研修修了。6名を子ども療養支援士に認定(累計8名)。

平成25年(2013年)4月

  • 第3期生の研修を開始。実習施設は、北海道大学病院、茨城県立こども病院(茨城)、順天堂大学医学部附属順天堂医院、静岡県立こども病院(静岡)、大阪市立総合医療センター(大阪)及び大阪府立母子保健総合医療センター。

平成25年(2013年)6月

  • 第1回日本子ども療養支援研究会(会長:藤村正哲)を大阪にて開催した。テーマ:すべての小児病棟に子ども療養支援士を!

平成26年(2014年)1月

  • 第4期生選考試験を実施し、4名を選抜した。

平成26年(2014年)3月

  • 第3期生研修修了。5名を子ども療養支援士に認定(累計13名)。

平成26年(2014年)4月

  • 第4期生の研修を開始。実習施設は、茨城県立こども病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院、静岡県立こども病院、大阪市立総合医療センター及び大阪府立母子保健総合医療センター。

平成26年(2014年)6月

  • 第2回日本子ども療養支援研究会(会長:清水俊明)を東京にて開催した。テーマ:子どものレジリエンス〜子どもの心の発達という視点を重視したチーム医療を考える〜

平成27年(2015年)1月

  • 第5期生選抜試験を実施し、2名を選抜した。

平成27年(2015年)3月

  • 第4期生研修修了。5名(うち1名は第3期生)を子ども療養支援士に認定(累計18名)。

平成27年(2015年)4月

  • 第5期生の研修を開始。実習施設は、横須賀市立うわまち病院、静岡県立こども病院、大阪市立総合医療センター及び大阪府立母子保健総合医療センター。

平成27年(2015年)6月

  • 第3回日本子ども療養支援研究会(会長:宮本朋幸)を神奈川県横須賀市にて開催した。テーマ:子ども療養支援の発展〜ジャパニーズスタイルの追究〜

平成28年(2016年)1月

  • 第6期生選抜試験を実施し、4名を選抜した。

平成28年(2016年)3月

  • 第5期生研修修了。1名を子ども療養支援士に認定(累計19名)。

平成28年(2016年)4月

  • 第6期生の研修を開始。実習施設は、東京大学附属病院、順天堂大学医学部附属順天堂医院、国立がん研究センター中央病院、横須賀市立うわまち病院、静岡県立こども病院、大阪市立総合医療センター及び大阪府立母子保健総合医療センター。

平成28年(2016年)6月

  • 第4回日本子ども療養支援研究会(会長:林富)を仙台市にて開催した。テーマ:〜子どもと家族のトータルサポート・みんなちがってみんないい〜

平成29年(2017年)1月

  • 第7期生選抜試験を実施し、3名を選抜した。

平成29年(2017年)3月

  • 第6期生研修修了。4名を子ども療養支援士に認定(累計23名)。

平成29年(2017年)4月

  • 第7期生の研修を開始。実習施設は、茨城県立こども病院、東京大学附属病院、国立がん研究センター中央病院、横須賀市立うわまち病院、静岡県立こども病院、大阪市立総合医療センター及び大阪母子医療センター。

平成29年(2017年)6月

  • 第5回日本子ども療養支援研究会を大阪府和泉市にて開催した。テーマ:療養する子どもの人権を守るために私たちができること〜子どもたちが子どもらしく過ごす権利を考える〜

平成29年(2017年)9月

  • 法人化(特定非営利活動法人)