プレパレーション



心の準備:これから起こる治療や検査に対して、子ども自身が理解し、安心して臨めるよう手助けをする。

  • 発達段階に合った情報を提供し、見通しを持ち、積極的に取り組むことができる。
  • 感情表出を促す。(何が怖い? 不安? 誤解を訂正する)
  • ストレス対処能力を伸ばす。
  • 経験がより肯定的なものになる。
  • 医療スタッフとの信頼関係の構築を図り、子ども自身の能力や主体性をサポートする。

LinkIcon子ども療養支援士の活動