成長発達支援

子どもは、日々成長・発達する存在であり、医療環境においても、日々成長・発達する存在である。 
子どもとの遊びやコミュニケーション、日々の関わりを通じて、情報収集とアセスメントを行い、その子どものニーズに応じた成長・発達支援を行っていく。
(例)遊びを通しての成長・発達支援


☆ベッドサイドでの個別遊び/プレイルームでの集団遊び/アクティビティーの提供など

LinkIcon子ども療養支援士の活動