親が病気の子どもへの支援

☆子どもだって知りたい
大人は子どもに心配をかけたくないという配慮から、親や祖父母の病気を知らせないようにするが、子どもは知らされないことで、逆によくない想像をふくらませ、不安や孤独を感じる。
親の病気について子どもと一緒に話をしたり、素直に感情を表現できるような環境を整えるなどの支援を行う。
子どもは年齢によって理解できる内容や不安の程度が異なる。
家族の病気は誰のせいでもないこと、病気を恐れたり混乱しないよう、子どもの成長・発達に合わせ、正しい情報を伝えるなどの支援を行う。

LinkIcon子ども療養支援士の活動